トップページへ
子ども人形劇プロジェクト
保育者向け HOW TO 講座
のういく文字
ぬりえ1〜3歳
キッズ文字1
キッズ文字2
養育家庭制度
被災児支援
イベントカレンダー
ぬりえ 1〜3歳


初めの一歩は「描く」ことから 〜1歳から4歳になるまでの頃〜
幼児期の「書き」は肩や手首などの身体の発達と、 毎日の生活の中で得る五感の発達(見たもの、聞いたこと、触った感じなど)と 切り離すことはできないのです。

@初めてのお絵かき
クレヨンっておもしろい!ギュッと持って手を動かすと、色が付くんだ!!
自分の動きで目の前にある白い紙の様子がどんどん変化していく様が、 子どもにとっては新鮮な喜びです。 でも、まだまだ筆圧が弱いのでクーピーや鉛筆ではうまく描けません。 この時期はクレヨンかフェルトペンなどで色ぬりを楽しんでください。
肩を軸とした腕の往復運動の初歩段階が見られます。
【1歳5ヶ月 女子】

【1歳11ヶ月 男子】

【2歳3ヶ月 男子】



A自由にたくさん描きたい!
筆圧も付いて、自由に色が塗れるようになると「もっと、もっと描きたい」 気持ちがどんどん膨らみます。色使いもカラフルになってきましたね。 大きな紙を用意したり、時には絵の具にもチャレンジしたり、 描きたい気持ちを育ててください。
ひじを円の中心とした○描きが見られます。 また、子どもの性格や書くことへの興味の持ち方で、進み方の早い子、 のんびりな子がわかるようになります。
○描き完成はひらがな(文字書き)へのGOサイン。もう少しですね。
【2歳3ヶ月 男子】

ひじを大きく使って、グルグルが上手。
【2歳6ヶ月 女子】

【2歳3ヶ月 女子】

小さな○も描けるようになって、もう少しで、 ○描きが完成!
【2歳4ヶ月 男子】

筆圧もかなりついてきましたね。
【2歳5ヶ月 男子】

様々な色を使って、色ぬりに挑戦してくれました。
【2歳9ヶ月 男子】

大好きなことには、いつまでも集中。 たくさんの色を使って、紙全体をぬりつぶしてくれました。


B上手にぬり絵、そして文字へ
線からはみ出さないで「塗る」意識が出てきましたね。 屋根の△、壁の□とパーツに分けて見ることもできるようになります。 生活の中で「家」という概念が出来上がってくると、窓やドア、 煙突など自分の持っている「家」のイメージを書き加えて表現し、伝えようとします。
「文字」の存在に気付き、○をいくつも並べるなどの 「幼児文字」が出現するのもこの頃から。
【2歳7ヶ月 女子】

家の中を意識してぬっています。 部屋の空間も○で塗りつぶしているのが上手ですね。
【3歳4ヶ月 女子】

屋根の形を意識して、はみ出さないで塗れているのがとても上手! まわりに描いてくれたたくさんの○も、大きさがそろっていて、 とても器用な女の子です。
【3歳9ヶ月 男子】

一人で遊ぶのが多い女の子。たくさんの色を使って、 何度も色ぬりをしています。ひじを軸としたグルグル描きが上手。
【3歳8ヶ月 女子】

ふちの線に合わせて、ななめ、横に手を動かしています。 お日様も描いてくれました。
【3歳9ヶ月 男子】

お姉ちゃんからいろいろと教えてもらっている、 甘えん坊の女の子。カラフルな色使いや、家の中心に窓を描くなど、 自由な発想ができています。
【3歳9ヶ月 女子】

△や□のふちどりをしてから塗りつぶしています。 何でも自分でやりたがるしっかり者の女の子。 そんな様子が、色ぬりからもうかがえます。


Copyright (C) 2008 NOUIKU network